よりを戻す

よりを戻す為の心理作戦

振られた、振った。よりを戻す状況には2面性がありますが、今回は,、復縁マニュアルから「振られた」あなたがよりを戻すための心理作戦を特集します。

 

別れた恋人と確実によりを戻すには、心理を読み解く必要がありますよ。きっかけさえつかめれば、復縁できる可能性は大です。
時間軸にそって心理を読んで確実に復縁を目指しましょう。

 

よく言われる冷却期間は本当に重要!

まずは開放感を実感させること

あなたを振った直後の恋人というのは、今まで縛られていたものから解放されて自由に伸び伸びと毎日を過ごしたいと思っています。
場合によっては、あなたのことがかなり嫌いになっていることもあるでしょう。

 

なので、直後に連絡をするのは絶対にしてはいけないことなのです。

 

相手の性格や状況にもよりますが、冷却期間として何のアクションもしない時期を作りましょう。新しい恋人が出来てしまったのではといろんな心配が付きませんが、ここはぐっと我慢の時です。

 

どうしても、がまんできない場合は、復縁マニュアルを使うことも検討しましょう。冷却期間についても、もちろん記載してあります。

復縁マニュアル

 

復縁マニュアルは、復縁コンサルタントやカウンセラーと契約するのとは違って、比較的安価です。それなのに、メールサポートやマニュアルによっては回数は限られるものの面談が出来たりする場合もあります。マニュアルという体裁をとることで、コストパフォーマンスが良いいのです。

 

よりを戻したいならタイミングをみること

冷却期間の後半あたりが、アプローチするタイミングになります。過去の恋人との思い出が美化される時期でもあります。

 

何といっても、一度は好きになった人なわけですから、長期で会わせなければ今何しているんだろう、くらいは思うものなのです。

 

そして、冷却期間中、あなたはただ何もしないで過ごしてはいけません。

 

振られた原因を考え、自分を改善する努力をしなくてはならないのです。

 

これが十分にできないパターンが、復縁を何度も繰り返すカップルといって良いでしょうね。

 

冷却期間終了後の彼の心理

かつて好きだったあなたのことを再び考えるようになった彼は、あなたとまた連絡を取れる心理状態になったといって良いでしょう。

 

そんな彼の心理を上手に見破って何気ないメールを送ると、よりを戻す良いきっかけになるはずです。

 

つい最近までしょっちゅう会っていたあなたへの親近感がよみがえってくれば、自然とまた会いたいと思うのが男性心理というものです。

 

ここで重要なのは、決してあなたから会いたいという素振りを見せないことです。

 

復縁したいという気持ちを何とか悟られないようにして、相手から会いたいと思わせるようにしましょう。

 

彼からの連絡がどんなにうれしかったとしても、どこかに行こうと誘ったりせず、大きな気持ちで成り行きをそっと見守るくらいの度量が必要です。

 

あなたに気持ちがまた向かい始めたといっても、この時期の男性心理はとても複雑でデリケートなので、少しの間違いが復縁を遠ざけてしまいます。

 

「もう俺のことは好きじゃないのか?」
と、危機感を持ってもらえるくらいにそっけない雰囲気を出す方が効果があります。

 

そして、振られた原因を改善して以前とは違う自分になったことをさりげなくアピールしましょう。

 

このように、その時々の彼の心理を読み解くことができれば、必ず復縁のきっかけをつかめるハズですよ。