復縁マニュアル

メンタル効果も絶大!おなじないで復縁しよう

信じる人だけ、復縁!復縁マニュアルとの併用が効果的です

 

別れた彼との復縁を望んでいるなら、それを願っておまじないをしてみるのがおすすめです。
強く念じればきっと願いは聞き届けられるハズです。そこで、今回は超強力に効く復縁のおまじないをいくつかご紹介します。

 

新聞紙を使ったおまじない

これは復縁に効くことでとても有名なおまじないです。

 

用意するものは、10センチ四方にカットした新聞紙と赤ペンです。新聞紙に赤ペンで復縁したい彼の名前を書き、2日間持ち歩きましょう。

 

その翌日に新聞紙は燃やしてしまい、その灰を手のひらに載せて微笑みながら「愛しい人、また、またね?」と言って吹いて飛ばしてしまいます。経験者によれば、実行直後に彼から連絡が来たという声が多数ありますよ。

 

塩を使ったおまじない

次は塩を使います。
このおまじないは、彼というより彼と復縁する上で障害となっている人に対して行うものです。

 

水溶性のティッシュかトイレットペーパーにその人の名前を書いたら、その上にひとつまみの塩を載せてライターやマッチの火で燃やし、燃えカスをトイレに流します。

 

実行するのは、もっとも吉日と言われる天赦日(てんしゃにち)に行うのがベストです。
ただ、天赦日は非常に少ないのが難点ですね。
2016年でいうと、あと、7月11日(月)、9月23日(金)、12月8日(木)の3日しかありません。

 

これは確実に実行したくなりますね。塩まじないは、消し去りたいという事実を書くのがポイントですよ。

 

伝言メモのおまじない

次は携帯やスマホの伝言メモを使ったおまじないです。

 

家電など別の電話から自分のスマホに電話をし、伝言メモに彼と復縁したいという旨を入れるのです。

 

「言霊」とよくいいますが、声にして言葉にすることでそれを強力に引き寄せることができるのでしょうね。
また、録音した自分の伝言を繰り返し聞いていたら、それに即した行動が自然にできるのかもしれませんよ。

 

効果がある日にちと時間帯

おまじないをするにしても、効果がある日にちと時間帯というものがあるんですよ。
それは願いの内容によって変わります。

 

病気や怪我が治りますように、というおまじないなら日がのぼっている時間帯がベストですが、復縁など恋愛事なら日が落ちた時間帯で夜11時までにするのがベストです。日が落ちたら、心に強く彼のことを念じながらおまじないしてみてくださいね。
気になるのは願いが叶うまでの期間ですが、早ければその日の内、遅くても3か月くらいまでには彼からのアクションがあるハズですよ。

 

おまじないだけに頼らないで、何かクションしたいなら、復縁マニュアルを参考にしてみてください。
復縁の効果が実証されていて、口コミでも評判が良い物を比較してご紹介しています。

復縁マニュアルランキング