復縁マニュアル

メールで作れる復縁のきっかけ

別れてしまった彼となんとか復縁したい時に送るメールには、ちょっとしたポイントがあります。
復縁マニュアルに書かれている方法のうち、初心者でもわかりやすいことをピックアップしてご紹介しますね。

 

確実さは保証できませんが、これだけでもヒントにはなるはずです。

 

3つのタイミングを必ずおさえて!

大切なのはメールを送るタイミングと、そのときどきの合わせた返信スピードです。
そんな、復縁につながる重要ポイントを3つご紹介しましょう。

 

最初は友達に戻った状態で送ること

復縁したくてメールを送っていると思われては失敗してしまいます。

 

久しぶりに元彼・元カノにメールを送るとなると、つい、昔の話をしてしまいそうになりますが・・・。これは完全にNGです。
一番大切なポイントは、メールの内容を友達以上にしないことです。
読み返して、「こんな内容は友達には送らないよなぁ」というものであれば即刻削除しましょう。

 

一晩おいてから読みなおして送るくらいの慎重さが必要です。今の2人は、別に付き合っているわけではないという線引きをはっきりさせなければいけないのです。メールのあちらこちらに未練や執着が漂っているようではダメですよ。

 

メールを楽しいと思ってもらえるか

とにかく、メールを続けられる状況を作ることに専念しましょう。

 

そして、メールを楽しいと思ってもらえるかどうかが2つ目の重要ポイントです。
いくらメールを送ったところで、相手があなたに関心を持たないのであれば送る意味はありません。

 

相手のテンションが上がるような内容にさりげなく工夫して、メールが来ないと寂しく思うくらいになってもらわなければいけないのです。でも、どんなに頑張っても完全にあなたへ関心が薄れてしまっていることもあるでしょう。そんなときはどうするか?

 

相手の興味がある話題にふれてみる

ここで、もと恋人だったあなたの特技を活かして、相手の興味がある話題にふれてみます。
例えば、相手の好きそうなイベントをやっている時なら、
「〇〇行く予定ある?」などと相手が行く前にさりげなくリサーチしてみましょう。

 

具体的に誰と行くなどという予定がないなら、一緒に行ってもらえるチャンスにもなります。
ただし、厳しいことを言うようですが、今のあなたは恋人ではありません。

 

だから、相手はあなたと一緒に行く必要はないのです。

 

あなたにとってつらいことかもしれませんが、これを強調するのは復縁の大事なポイントだからです。断れて当然くらいの余裕をもって、「◯◯に行く予定ある?」と聞くのが成功のカギですよ。

 

断れても、「そっか。じゃ、また今度ね!」と返答できる余裕が生まれます。気持ち一つで、メールのやり取りも変わってくるのです。

 

たまにはメールの返事を放置してみる

何で返信が来ないの?と思わせるのがポイントです。

 

やっとの思いで送ったメールは、返事が今か今かと待ち遠しくなってしまいますよね。
読んで速攻で返事したくなるのも当然です。基本的にはすぐに返信した方が会話も盛り上がって良いのですが、時には放置するという作戦も効果的です。

 

特に、向こうからのメールが疑問文で終わっている時なら、相手は必ずあなたからの返信を待っているハズです。
ここでタイミングをずらして放置してから返信してみましょう。

 

いつもスグに来ていたのに今回に限ってなかなか来ない・・・

 

そんな風にあなたへの関心が高めることでできますよ。相手の感情をよく読んで、タイミングを読んで効果的なメールを送ることが復縁メールのポイントです。
それには、「今すぐ復縁したい」という感情に負けないで一歩引いて自分を見ることです。

 

どうしても感情に負けてしまうという人は、復縁マニュアルにそって行動することで、成功確率を高めることができます。

復縁マニュアル

 

このページに書いてあることと、復縁マニュアルの違いは、間違った行動をしないようにより細かく指示が書いてあるところです。
それから判断に迷うときには、復縁カウンセラーに質問することができます。そうすると自分では見えない相手の心理を教えてもらえるのです。

 

基本は、まず、冷却期間をおいた後で何気なく、友達に送るような軽い感じでメールするところからはじめます。
最初のメールさえ勇気をもって慎重に送れば、後は意外とやり取りが続いたりするものです。ご紹介した3つのポイントをよく抑えて、あまり気負わずにメールをしてみると良いですよ。