復縁マニュアル

超重要!復縁が成功する期間

復縁が成功している人の多くは「期間」の取り方が上手です。復縁マニュアルでもこの期間のことを重要視しています。

 

あと少しタイミングをずらせば、あの人の心が戻るはずだったのに・・・

 

冷却期間という言葉をあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?
冷却期間は、短くてもいけませんが、長すぎてもダメなんです。

 

復縁までの期間はどれくらいかかるもの?

ケースバイケースではあるものの、平均復縁期間はズバリ5か月くらいが多いと言われています。
もちろん、復縁マニュアルに作者によってもこの期間は変わります。その理由はノウハウも違いますし、お別れした時の状況にもよるからです。

 

段取りよりすすめば、5ヶ月かもしれないし、途中で関係がこじれたらもっと先になるでしょう。復縁にかかる期間を伸ばしてしまうも短くするも全てはあなた次第なのです。

 

タイミングをはかるのが大切な理由

別れた後、すぐアプローチしていいのは、お互いに好きなのにケンカ分かれしたしまったような状況のときです。
または、あなたが相手を振った場合のみですね。

 

あなたが振られた立場の場合は冷却期間をあけることが必須です。

 

別れるのにもエネルギーを使います。
別れるのが楽しいという人はいないでしょう。別れたあとの恋人は、あなたから解放されてほっとしてるはずなのです。(あまり考えたくないでしょうが、現実です)相手がこんな心境のときは、何をしてもダメです。ただウザいと思われるだけで、余計に復縁期間を伸ばしてしまうことになります。

 

でも、1~3か月もすると、あなたのことがふと懐かしい昔なじみのような感覚になっていく時期がくるのです。
このタイミングにうまく合わせられてアクションを起こせるかどうかが復縁を成功させるポイントになります。

 

冷却期間とは?

復縁するまでの期間は、冷却期間と呼ばれますが、この期間には、別れることになった原因をしっかりと突き詰めなければいけません。
同じ過ちを二度と繰り返さないようにしっかりと肝に命じましょう。

 

いろいろなサイトで「反省をして」とか書いているところがありますよね。
この点については、あくまでも管理人の個人的な意見ですが、あなたがわがままを言い過ぎて振られたとしたら反省の必要がありますが、普通は、別れた原因は双方にあることが多いと思います。

 

だから、反省が必要なこともあるでしょうが、それよりも、よりを戻した後で同じことを繰り返さないように現実を見つめる期間と前向きに捉えるのがいいと思います。

 

冷却期間にはメリットもあって、離れている間に悪いことは忘れて、楽しかった思い出だけが強調されていくのです。
特にあなたが女性で、相手が男性の場合はこの傾向が強いです。男性は、離れている相手を理想化しますから。

 

だから、連絡をとらないというのが復縁への前向きな手段なのです。

 

復縁を早める方法はある?

出来るだけ早く復縁したいというのはやまやまですが、残念ながら無理やり早めようとして何かするのはリスクが高すぎるのでおすすめできません。

 

とにかく、最初の1か月は辛抱強く何もアクションを起こさないことが重要です。毎日連絡を取っていたものもパタっと止め、彼の前からすっかり消え去ってしまうのです。
別れた直後に開放感を満喫していたもと恋人が、寂しさを感じ始めるまで辛抱強く待ちましょう。

 

このタイミングでさりげなく連絡することが復縁の大きなチャンスなのです。
タイミングを掴むのはとても難しいですが、ほとぼりが冷めたなという頃合いを見計らってウザがられないように連絡してみます。

 

メールで復縁のきっかけはできる?要注意の3つのこと

 

その際、いきなり復縁話しをするのではなく、まずは近況を聞くなどして、対応が良ければ食事にでも誘って自然に会う頻度を増やしていきましょう。

 

大好きなのに突然の別れ話・・・。
すぐにでも相手を取り戻したい気持ちはやまやまですが、復縁に期間が必要なのにも理由があります。
復縁が成功するための期間をとって、うまくタイミングをはかってアプローチしていきましょう。

 

  • 期間をおいて大丈夫なのか?
  • 連絡をとるタイミングはいつがいいのか?

こんなところで不安を感じるなら、復縁マニュアルを手にしてその通りにしていくのが間違えを起こさないための最善の方法です。