別れた彼氏と復縁したい

別れた彼氏と復縁したいなら、要注意!

良くある失敗を防ぐ!復縁マニュアルでおさえるべき3つのポイント

 

彼氏と別れたけど、どうしても忘れられないという場合は結構あるのではないでしょうか。
もしも、できれば復縁したいと考えているなら手遅れになる前に何とかしたいですよね。

 

でも、そんな時の2人の関係はとってもデリケート。きちんとした手順を踏まないと復縁の望みは消え失せてしまいます。
そこで、別れた彼氏と復縁する手順をご紹介します。

 

振られた彼氏と復縁したいなら?

何が悪かったのか、冷静に突き止めること

 

もしもあなたが振られたというなら、その原因を解明することが大切です。
どのみちしばらくは冷却期間を置くことが必要なので、その間に振られたショックから立ち直るとともに何が悪かったのかを突き止めましょう。

 

そして、しっかりと改善することが大切です。
くれぐれも冷却期間中にメールなどをしないように注意してくださいね。

 

連絡をするタイミング

タイミングを計って連絡。好きだという素振りは見せてはダメ!

 

彼氏の方も、別れた後、1~3か月くらいはあなたから解放されてスッキリしているかもしれませんが、それを過ぎると彼氏はだんだんあなたのことが気になってくるハズです。

 

決して自分からアクションを起こさず、すべて相手から行動を起こしてもらうことがポイントです。また、職場が一緒などという場合でも、決して落ち込んでいたり未練があるように悟られてはいけません。

 

以前と同じように笑顔で対応していれば、彼氏もあなたのことが気になってしまうはずです。

 

FacebookやTwitterなどをしている場合には、以前と変わらない楽しい生活をアップしておきましょう。意外と別れた彼というものは見ていたりするものですし、好きになった当時の笑顔のあなたを思い出してくれるハズですよ。
冷却期間が終わっても彼氏から何のアクションもない場合には、忘れ物などを口実にメールしてみるのも良いですよ。

 

直接話すと思わず本音が出てしまうので、ここは冷静なメールでいきましょう。
LINEは、あなたの正確によりますね。既読で返事がないと気になってしまったり、チャットに近い感じになって冷静さを保てないようならメールがいいでしょう。

 

そして、直接会うことになったら、何気なく相談事をしてみるのです。くれぐれも未練だと思われないように注意して、「こんなこと相談できるのはあなたしかいない」というスタンスでいきましょう。

 

連絡を交わすようになったら

過去の経験から彼氏の最大の理解者になる

 

そうして何回か連絡を交わすようになったら、さりげなく付き合っていた間の感謝の気持ちを伝えるようにします。

 

また、彼氏の悩み事やあなたの知っている彼の心配事がどうなっているかチラリと聞き、自分が一番の理解者であることを伝えるのです。いつも応援していることを伝えれば彼氏はあなたに大きな安心感を持ってくれるに違いありません。

 

ここまで来たらいつデートの誘いが来てもおかしくないですよ。連絡が来たら何をおいてもデートを優先させます。この時期には彼にとっても思い出が美化されているハズなので、ベストコンディションで臨んで復縁に持ち込みましょう。

教えて!別れた彼氏と復縁する方法 【よくある失敗を防ぐには?】記事一覧